FXトレードが上手くなる!トレードの振り返り!

スキルが身に付くトレードの振り返り

振り返りをしなきゃトレードはうまくならないなんてことは皆さんご存知かと思いますので
今回は実際にどうやってやるのってお話です
振り返りの大事なポイントだったりコツを教えちゃいます

トレードの振り返りで一番大事なことはその後の相場もじっくり観察することです
振り返りというのは自分の考えと実際の相場の答え合わせをすることなので
損切り後もじっくり観察して自分の考えと実際の値動きのズレを見つけていくことが大事です

スキルアップできる振り返り、できない振り返り

スキルアップできない振り返りとしてよくあるのがトレードノートはつけても自分の考えと勝ち負けしかつけないってパターンです

例を出すならトレードを考える、トレードする負ける、何がダメだったのかのパターン
これでは自分の考えの何がダメだったのかにしか目を向けていないので
答え合わせも何も出来ません
頑張って式を書いて答えを導き出しても不正解としか言われないから改善方法が分からないという感じです

スキルアップする振り返りというのはトレード考える、トレードする負ける、その後の相場を観察する、
自分の考えと実際の相場を照らし合わせる、実際の相場とどこがずれていたのか考える
という流れになります

この振り返りだとちゃんと自分の考えと正解を照らし合わせて効率的に改善ポイントを見つけ出すことができます
損切り後に自分の見立て通りに動いていたなら中期の見立ては正解で
エントリータイミングを見直すとか
損切り後にそのまま逆行していたならそもそも中期の見立てが間違っていたという感じでどこを改善するべきか一目瞭然ですね

特に連敗して沼にはまる人ほど損切りになったという事実までしか認識せず、
その後の相場はほったらかしというのがよくあるのでちゃんとその後の相場も観察して
答え合わせする習慣をつけましょう

振り返りをより効果的にするコツ

振り返りを効果的にしたいならトレード前にしっかりシナリオを立てるようにしましょう

先ほどは自分の考えだけでその後の答えを知らないと答え合わせできないよって話でしたが
今回は自分の考えがないとそもそも答え合わせも何もできないよって話です

値動きのシナリオを持つ

トレード時に値動きのシナリオを自分なりでいいから持ちましょう
FXは値動きの正解を探し出すのではなく
自分の脳、値動きの正解に合わせるものです

初心者さんだと値動きのパターンとかを見つけることばかり考えて
自分の考えやトレードシナリオはおろそかになっているというのがよくあります

そうではなくシナリオをたてて答え合わせをしての繰り返しの中で自分のシナリオと値動きが一致するパターンを見つけることで
初めて値動きのパターンというものを身につけることができます

プロのようなシナリオなんてのは立てられないのでまずは自分なりにでもいいから
シナリオをしっかり立ててトレードする習慣をつけてみましょう

振り返りでつける項目

それぞれのやり方があるので一概には言えませんが
基本的な値動きを左右する要因についてはつけておきましょう

日付や時間はボラティリティに関係するので事情時間を意識して
通貨ペアはその時の為替相場全体の力関係をつけていきましょう

トレード戦略は難しく考える必要はなく
レンジ相場で高値安値が市場で意識されてるから逆張り
トレンド相場で押し目が市場で意識されそうだから押し目買いなどで十分です
その代わり先ほど解説したシナリオを描くことを意識的にやっていきましょう

あとは振り返りを義務だと感じたら楽しくないのでまさに答え合わせの意識で楽しむことですね

おすすめの記事