【FX】FXのおすすめ!!チャートアプリ3選

FXのオススメチャートアプリ3選です。

今やほとんどのFX会社でスマホ用アプリが提供されていますが分析機能や操作性にはかなりの差があります。

この記事では高機能で使いやすいと評判のオスすすめチャートアプリを3つご紹介しますので是非お役立てください。

そもそもなぜチャート選びが重要なのかそれはアプリの機能がトレード成績に大きく影響するからです。

冒頭でもお伝えした通り各社のスマホ用取引アプリは機能性に差があります出先でのトレードがメインになる方は特に高機能なツールが求められるのです。

そんなチャータープレイラビの一番の決め手は分析力です高度なチャート分析こそがFXで勝つための近道ですからチャートアプリ選びにおいても重要項目となります。

分析力に加えて注文のしやすさ情報力が備われば鬼に金棒です。

オススメ3選アプリ

ということでここからは高機能なチャートアプリ3選をお届けしていきます。

DMMFX

お勧めアプリ1つ目はDMMFXが提供するスマホアプリDMMFXです。

搭載されているテクニカル指標はトレンド計6種類オシレーター系5種類となっており重要な分析指標はしっかりとカバーされています。

もちろんテクニカル指標の数値設定も自由に変更可能です。

チャートはタテ画面でも横画面でも表示でき4分割にも対応します。

PCアプリ顔負けの豪華な分析力が備わっているのです。

普段から持ち歩くスマホだからこそ通じ機能が充実している点も評価のポイントです。

設定したレートに到達するとメールやポップアップで通知されるレートアラート通知機能が搭載されています。

また経済指標の重要度と通知時刻を設定していれば大事な指標が葉票する前にも通知を受け取ることが可能です。

スマホアプリDMMFXは洗練されたデザインにも定評があります。

チャート画面だけでなく注文画面や設定画面に至るまでこだわりが詰まった精神的かつシンプルなデザインが好評です。

テーマカラーもダークとライトの2種類が用意されていますので好みに合わせてお選びください。

GMOクリックFX

お勧めアプリ2つ目はGMOクリック証券が提供する。

GMOクリックFXネオです。

搭載されているテクニカル指標はトレンド計7種類オシレーター系5種類です数値設定の自由度も高いです。

国内FX会社の中でもトップクラスの分析力を誇る高機能ツールとなっています。

チャート分析画面からアクションボタンをタップすればチャートを見ながらの注文が可能です。

チャート上でラインを移動しながらの注文にも対応していますのでテクニカル分析を踏まえた注文設定を直感的に行うことができます。

チャート画面は4分割かける4画面最大16個を保存することが可能です。

複数の通貨ペアを比較して強弱を見極めたり同じ通貨ペアをマルチタイムで分析したりと大活躍の機能となっています。

Cymo

お勧めアプリ3つ目はYJFXが提供するCymoです。

搭載されているテクニカル分析はトレンド計4種類オシレーター系5種類となっています。

ただGMOクリックFXネオが平均足もトレンド系としてカウントしているのを加味するとトレンド系指標は実質5種類となります。

数値設定も自由にいじることができますのでこだわりの強い上級者の方も納得の機能性となっています。

チャートを見ながらスピーディーに注文を出せるワンタッチ注文機能も実装されています。

新規注文決済注文だけでなく全決済もワンタッチでできますので縦玉を分けながらのスキャルピングにも対応スピード感を重視するトレードスタイルにもマッチします。

最後は相場レポートや経済指標の発表などの情報力にも優れています。

チャート分析から注文情報収集まで1つのアプリで済ませることができますのでトレードの時間が限られている方にもオススメです。

ということでFXのオススメチャートアプリのご紹介は以上となります。

あなたにピッタリのアプリを駆使してFXのトレードをお楽しみください。

おすすめの記事