相場から退場しない方法を身に着けよう

相場から退場しない方法、それは損小利大です。

今回はみんなが気になる損小利大の実践方法について解説していきます

損小利大とは負けるときは損失を小さく抑え
勝つときは利益を大きくすることで勝率が悪くてもトータルで利益を残していく
トレード方法です

相場で生き残る為には損失を小さくして利益を大きくするなんてのは当たり前のことなのですが
これが出来れば苦労はしない、と思わず叫びたくなるほど
トレーダーなら誰もが損小利大で悩みます

今回の記事では
シンプルな手法と損小利大を積み重ね相場で生き残ってきた損小利大実践方法を
特別に公開しちゃいます

もちろんある程度のトレードスキルや前提知識は必要ですが
最後にはトレードに必要なスキルも併せてご紹介するのでぜひ参考にしてください

損小利大の前提

ではまず損小利大の前提知識からです。
損小利大について調べたことがある人なら、
「損小利大は不可能・嘘・こんなもの目指すだけ無駄」などと、
散々言われてるものを目にしたことがあるかと思います。

もちろんそれぞれの意見があっていいのですが
これらの考え方になっちゃうのは損小利大を勘違いしているためではないかと思います。

損小利大は値動きを見ながらこれ以上損失を膨らませないように決済したり、
まだ伸びそうだから利益を延ばしたりと、
自分の感情や考えによってコントロールするものではありません

損小利大はメンタルが大事?

損小利大はメンタルが大事だなんて思っている方も、
自分でコントロールするという認識から、
目動きに惑わされないようにメンタルを保つ必要があると思っちゃってる場合が多いです。

自分でコントロールしても損小利大なんて、何十年と相場と向き合ってきたトレーダーでなければ難しいでしょう。

FXはどこまでいっても確率の世界なので、
この確率の世界の中で利益を残すには合理的な判断をしながらうまく立ち回る必要があります。

しかし人は金稼ぎになると合理的な判断ができない生き物なので、
経験が浅い状態でコントロールしようとしてうまく生き残るなんていうのは必然的に無理なのです。
なので損小利大はルール化した上である程度システマチックに実践していくことが必要不可欠です。

損小利大実践のポイント

ではではお待ちかね損小利大実践のポイントを解説していきます
損小利大実践の一つ目のポイントは逆行する確率の低いエントリーポイントを選定しよう、というものです

逆行の確率の低いントリーポイントというのはいわゆるラインや移動平均線など抵抗で跳ね返るポイントです

これらのポイントはFXの世界では一般常識のように言われているエントリーポイントで、
手法や見つけ方は違っても結局相場で生き残っている人はこれらのエントリーポイントを選定していることがほとんどです。

FXは上か下なので利益が出る方向と損失が出る方向の二択です。
つまり逆行の確率が低いエントリーポイントが選定できればおのずとその反対方向、
利益が出る方向へ動きやすいというわけですね。

もしこれが利益が出る確率の高いエントリーポイントという見方だと、
どこもかしこもエントリーできそうに見えてしまう、
いわゆるポジポジ病になりかねません。

逆行の確率が低いエントリーポイントというリスクを先に意識していくことで、余計なトレードを減らすことができます。
損小利大の"損小"は何も、ポジションを持ってからの話だけではないということですね。

損切りと利確はあらかじめ設定する

損小利大実践の2つ目のポイントは損切りと利確はあらかじめ設定しようというものです。

プロスペクト理論というものを聞いたことがある人もいるかもしれませんが、
人は本能的に損失には目を背けるが、利益は早く欲しがるというものです。

冒頭で紹介した自分でコントロールしても損小利大がうまくいかないのはこの本能によるものが大きいのですね。

こんな状態で自分で考えて損切と利確なんて修行を積まないとできないので、
損切りと利確は設定して自動で決済されるようにしていきましょう。

最初のうちはうまくいかないのが当たり前なので、
ガチガチに固定するのが不安な人はプラスマイナスを5pipsぐらいの値幅で設定していくといいかもしれません。

設定する位置について

損切りを設定する位置は、
先ほど解説した逆行の確率の低いエントリーポイントの根拠となる抵抗の外側です。

この抵抗で反発するからという根拠のもとエントリーポイントを選定してるので、
この根拠が破られたら潔く撤退するというスタイルです。

利確に関しては損小利大にするためには損切り幅よりも広く設定する必要があるので、
損切り幅の1.5倍から2倍ほどの値幅で設定しましょう。

テクニカル的な根拠としては次の節目を目安にしていきましょう。
本当にこの節目まで到達するのかが重要ではなくなぜこの節目まで届くのかという自分の考えを持つことが大事です。

おすすめの記事